肌に良い菌が住んでいる

毛嚢炎の原因とされる黄色ブドウ球菌ですが、肌表面にいろいろなブドウ球菌がすんでおり、これら常在菌と呼び、これは嫌なイメージがありあますが、この菌の一種の表皮ブドウ球菌は、皮脂をへらし保湿成分のグリセリンと脂肪酸に分解して肌の潤いを保ってくれる良い善玉菌。
そして通常表皮ブドウ球菌の働きで繁殖が抑えられてますが、湿度が高いところで繁殖しやすいので、汗をかきやすい夏は注意しましょう。
毛嚢炎が夏発生しやすいのもこのせいです。
もしできてし合っても通常は自然に治ります。ですが、複数できいたり、痛みがあれば、化膿止めなど服用が必要になったりします。
せっかく脱毛したのに毛が濃くなったケースがあることを知ってますか?脱毛すっればツルツルになると思っていたのに、毛が濃くなると思いたくもないですが、万が一硬毛化が起きたら、焦らないで対策をするようにしてください。
一般的に産毛みたいな細い毛を軟毛、腋毛などしっかりしたけを硬毛といい、硬毛は脱毛処置をした部分の軟毛が、処置前より太くなることで起きる現象。
こうしたリスクがあれば脱毛したくないと思ってしまいますが、硬毛化が発生する確率は数%です。
この厄介な現象の原因ははっきり解明されておらず、レーザー脱毛はレーザー処理はで発生する熱で毛根部分を破壊して脱毛ができますがこのときの熱量が毛根部分が破壊されるレベルでない時、この熱の刺激で毛根活性化してメラニンを作り、硬毛化するといったことが一般的見解です。
肌に良い菌が住んでいる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です